太陽光発電で補助金が支給される条件

太陽光発電は数年前と比べればかなり低価格になっていますが、それでも自宅に設置するためのコストは最低でも150万円程度が必要です。しかし、クリーンで環境にやさしい太陽光発電の導入には国や地方自治体から補助金が支給されるので、上手に活用することで初期費用の負担をかなり軽減することができます。さて、太陽光発電の補助金はだれに対しても支給されるものではありません。支給対象となるには一定の条件があるので、太陽光発電の導入前にしっかりと確認しておきましょう。
まず、導入する太陽光発電システムはどんなものでも良いというわけではありません。指定メーカーの指定商品である必要があります。具体的には太陽電池モジュールの変換効率が一定の基準を満たしている必要があります。そうでないと、ものすごく古い機種を二束三文で購入して補助金を不正に受け取る人が出てくるからです。
また、補助金の対象となる太陽光発電システムは最大出力が10kW未満までという条件があります。たとえ上記の指定機種であったとしても、10kW以上の大規模な太陽光発電システムの導入には補助金は支給されませんので気をつけましょう。
また、導入する太陽光発電システムの価格が1kW当たり55万円以下である必要があります。1kw当たり55万円を超える価格のものについては補助金が支給されません。これは、悪徳業者を排除するという意味があります。
以前は太陽光発電を扱う業者には悪徳業者が多く、消費者に対して法外な価格で商品を売りつける者がいました。しかし、補助金支給の条件を55万円以下という条件を設けることで、それ以上の価格を提示されても購入する消費者が激減し、結果として悪徳業者が減ることにつながりました。
ちなみに、この時のシステム価格は太陽電池モジュールの価格だけではありません。太陽電池モジュールを固定するための架台やパワーコンディショナー、電力量計などすべての機器も含まれますし、設置工事費用も含まれます。

get( 'keyword', 9 ) ?>
get( 'comment', 9 ) ?>