三菱の太陽光発電の特徴について

太陽光発電システムを自宅に導入する際に多くの人が悩むのが「どのメーカーの製品を選んだら良いのか?」ということではないかと思います。現在、太陽光発電に携わっているメーカーは国内だけでもシャープ・京セラ・パナソニック(三洋電機)・三菱電機・東芝などがありますし、海外のメーカーを含めるとかなり多くの選択肢があります。
皆さんの中には何か大きな買い物をするときに「一流メーカーの製品を選んでおけば、とりあえず安心かな」という気持ちもあるかもしれませんが、太陽光発電の場合はどのメーカーも大きくて知名度のある一流企業ですから、名前だけで選ぶというのも難しいでしょう。
そこで、太陽光発電のメーカー選びで一つの基準となるのが「自宅の環境」です。太陽光発電システムはメーカーごとに特徴があるので、今お住まいの住宅がどのようなものかによって最適なメーカーもある程度決まってくるのです。
もしも、今お住まいの住宅が狭くて屋根に太陽光パネルを設置する十分な面積を確保できないというならば三菱の太陽光発電システムがお勧めです。これは三菱のパワーコンディショナーの変換効率が他のメーカーの性能に比べて非常に優れているからです。
パワーコンディショナーとは太陽電池で作られた直流電流を交流電流に変換するための装置です。この変換時に若干のロスが生じるため、すべての直流電流を交流に変更できるわけではありません。しかし、三菱のパワーコンディショナーはこのロスが非常に小さいため、効率的に発電することができます。これによってたとえ太陽光パネルの数が少なくても十分な電力をつくり出すことができるというわけです。
また、三菱の製品は太陽光パネルの形が選べるため、寄棟屋根のように三角形の屋根であっても、スペースを無駄にせずに屋根の広さを最大限に活用することができます。ですから、屋根の形状のために太陽光発電をあきらめていたという人にとっても、三菱の製品はとても便利でしょう。

get( 'keyword', 3 ) ?>
get( 'comment', 3 ) ?>