設置費用をなるべく早く回収するために

太陽光発電の最大のメリットは「設置費用を回収することができる」ということではないかと思います。現在の太陽光発電システムの価格は1kW当たり45万円から50万円くらいが相場と言われていますから、4人家族の家庭に最適と言われている4kWタイプの太陽光発電システムを導入するためには200万円が必要となります。これは確かに高額ですが、それでも設置費用を回収することができるのならば設置を考えてみようという人も多くいると思います。では、なるべく早く設置費用を回収するためにはどのようなことが大切になるのでしょうか。
まず、限られた予算において発電量が最大となるような製品を選ぶということです。太陽光発電には余剰電力買取制度というものがあり、電力を1kwあたり42円で電力会社に買い取ってもらうことができます。ですから、発電量が多いほど売却できる電力が増えて、収益も増えることになります。ただし、発電効率に優れた製品はそれだけ高額になりますから、費用が増えて収益を圧迫することも考えられます。ですから、最初に予算をしっかりと決めておいて、予算内で発電量が最大になるようにしましょう。
売電量を増やすためには節電も非常に重要です。自宅で使用する電力量を減らすことができれば、その分売電量が増えるので収益も増えます。太陽光発電システムを導入すると電力モニタというものが室内に設置されます。これは電力の使用量が一目でチェックできるので節電の良いモチベーションになるでしょう。
当然ならが、設置コスト自体を安くするというもの重要なことです。そのためには一括見積サービスを利用すると良いでしょう。太陽光発電システムは相場がわかりにくく、一社への見積だけだと適正な価格というものが見えてきません。しかし、複数の業者へ一括で見積を出すことで業者を簡単に比較検討できるので安い業者が見つかりやすくなります。また、業者同士の競争を促すことができるので、更なる値引きを期待できるかもしれません。

get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>